相続した借地権の売却

借地権とは、地主の土地を借りて、自分の所有する建物を建てることでその土地を利用する権利のことです。土地を貸す人を「地主」、借りる人を「借地権者」と呼び、借地権者は地主と契約を結び、土地使用料(地代)を払います。

借地権は相続の対象になります。地主の承諾を得る必要や、契約書を書き換える必要はありません。相続により土地の地上権もしくは賃借権を獲得したと地主に通知すればよいだけです。ただし、建物の所有権は相続人の名義に変更する必要があります。

契約書相続した借地権を売却することも可能ですが、売却前に地主の同意を得ることが必要です。地主の同意を得ずに売却をした場合は契約違反として、地主から借地権を明け渡すよう請求されることになります。土地の所有者はあくまで地主ですので、地主は望ましくない第三者にその土地の借地権が渡らないようにチェックする権利を持つのです。建物を増改築する場合にも地主の同意が必要です。

借地権の売却には複雑な法律や税務知識が必要となりますし、通常は借地権者は知識に乏しく交渉経験もあまりないことが多いのに対し、地主は経験も豊富で交渉力もある、というパターンが多く、地主との交渉は簡単には進まないことが多いのです。個人で借地権売却を行うことはかなりの困難を伴うのです。

実は、借地権売却に関しては、底地取扱店と呼ばれる専門家が存在します。まず、底地取扱店に相談してみるとよいでしょう。このサイトでは、借地権の売買の実際について詳しく説明させていただきます。